2017年07月08日

点は線に、更にパズルに、キャスト ドット。

 
 「はずる」の新作キャスト ドット(CAST DOT)が手に入った。17年7月8日発売予定でAmazonに予約してあったのだが、その当日に配達された。

箱 表

 キャスト ドットは、キャスト チェーンなどのオスカー・ファン・デフェンター氏と並んで「はずる」の2大作家と評価しているAkio Yamamoto氏による待望久しいものでLEVELは2である。

箱 裏

 予想していたイメージより小さくまとまっていたCAST DOTは、黒と銀色の同型が組み合わさったもので、それぞれ9個のドットと2個のキノコの頭形からなり、初期状態から上下方向にも左右方向にも動かすことができる。

キャスト ドット

 同じ形でもそれが色違いで、更に黒色にはHANAYAMAが、銀色にはDOTが刻印されているので裏表が明確である。それは易しさにつながり優しさでもある。両方とも同色で両面に刻印したバージョンも違ったコンセプトとなりキャス ドット2として面白い商品として通用するだろう。

HANAYAMA

 難易度2だからといって決して安易に取り組んではいけない。Yamamoto氏特有の有機質で繊細で絶妙な操作を要求する手順は一筋縄ではないことを予感させる。更に最後には驚きの秘密が秘められていた。

CAST DOT

 その上キャスト ドットは外すことと戻すことの両方とも同じように苦労する。個人的には戻すことの方が難しかったが、人によって意見が分かれるだろう。そして、その試行錯誤により吃驚の手順を発見した。

はずる

 ゲームレベル2の所以は、まるでマジックのように僅か2回の操作でクリアできることだろう。その鮮やかさはキャスト リングにも匹敵する爽快さであるが、その手順を最初から発見することは困難だろう。但し、どんな動きを一手と数えるのかは色々な判断があるだろうし、単純な動きだけではないのは当然である。

CastPuzzle倶楽部

  何回挑戦してもその度に味わう摩訶不思議感覚は、C環の魔術師であるYamamoto氏の面目躍如である。それは初心者から腕に覚えのある強者まで全ての人が楽しめるものであり、特に「はずる」入門者にとって最適な一品が加わったことは間違いない。
 

posted by 工房藤棚 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | HUZZLE・CastPuzzle

2017年06月25日

 雨ニモマケズ。

 
 今日、静岡県知事選挙にて川勝平太氏が3選を決めた。

紫陽花 ききょう寺

 細かいところは正確でないかもしれないが、彼は宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を愛読していたけれども「決して怒らず」を読み飛ばしていたと述べたと選挙中に報道されていた。それは、静岡市長などへの理不尽な言いがかりの笑えない言い訳であり、真心や誠意が感じられなくて残念だった。

桔梗 ききょう寺

  雨ニモマケズ
      宮沢賢治(原文は漢字交じりのカタカナ書きである)
  雨にもまけず
  風にもまけず
  雪にも夏の暑さにもまけぬ
  丈夫なからだをもち
  欲はなく
  決して怒らず
  いつもしずかにわらっている
  一日に玄米四合と
  味噌と少しの野菜をたべ
  あらゆることを
  じぶんをかんじょうに入れずに
  よくみききしわかり
  そしてわすれず
  野原の松の林の蔭の
  小さな萓ぶきの小屋にいて
  東に病気のこどもあれば
  行って看病してやり
  西につかれた母あれば
  行ってその稲の束を負い
  南に死にそうな人あれば
  行ってこわがらなくてもいいといい
  北にけんかやそしょうがあれば
  つまらないからやめろといい
  ひでりのときはなみだをながし
  さむさのなつはオロオロあるき
  みんなにデクノボーとよばれ
  ほめられもせず
  くにもされず
  そういうものに
  わたしはなりたい

香勝寺

 「雨ニモマケズ」の静かで穏やかで外連味のなさとは対極の人がまた県政を執ることとなる。それが県民の選択なら仕方がない。

香勝寺

 民は何を夢想し幻想を抱き、一体なに故に更なる停滞と混迷の道に迷い込こもうとするのか。
 

posted by 工房藤棚 at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2017年06月09日

 TOSHIBAの終焉。

 
 TOSHIBAの終焉が近い。色々と感慨深いが、知る人は知るで、当然であり必然であろう。

蘭

 TOSHIBAに良い印象は一切無い。現在では撤退したが、個人的に関わりが深かった業界での製品は笑うしかないほど酷く、よくもまあTOSHIBAと名乗るものだと呆れていた。自分が知るノートパソコンはかっての有名ブランドとはほど遠い品質であり、今後はないだろうなと落日の悲哀に思うところがあった。病理は10年も20年も前から抱えていたのだろう。

蘭

 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」での事故を見てご覧。切なくなる程の荒涼。想像を絶する「想定外」。それは直接TOSHIBAとは関係ないが、何故か危うい事故があると連想する。

蘭

 今後、原子力関連を含めてTOSHIBAに期待するのは無茶だろう。実はそれをTOSHIBAが一番承知しているような気がする。
 

posted by 工房藤棚 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
                                       .
Logo