2012年05月03日

 集めて配る愚。


 財政が厳しいからと、消費税率を上げることは納得はしないが、理解はできる。

茶畑


 消費税率引き上げの負担軽減のため導入を予定している「給付付き税額控除」制度について、フリーターや非正規労働者ら「ワーキングプア(働く貧困層)」と呼ばれる低所得者への支援を上乗せする施策とは、一体何だろう。

茶畑


 集めて配る。そこの意味が全く理解できない。集めるには人手が掛かる。配るには莫大な費用が必要である。「働いている人ほど支援を手厚くすることで自立や就労を支援する」という発想も理解の範疇を越えている。

茶畑


 配るのであれば集めなければ良いし、集める必要があるのであれば、配る理屈は皆が納得できるものが必要だ。まさか「恵むことによって納得させる」だったら、終わっている。けれども、それ以上の理屈が見当がつかない。

茶畑


 集めるのは難儀だから思い通りにはいかない。配るのは喜ばれるので必要以上に行う。だったら真っ逆様也で御疲れ様。
 

posted by 工房藤棚 at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
                                       .
Logo