2013年06月23日

祝・富士山 世界文化遺産登録。

 
 日本が世界に誇る霊峰富士山が世界文化遺産に登録された。おめでとうございます。

富士山1


 名称は「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」で、それは浮世絵版画でも一目瞭然だろう。

富士山2


 構成資産から除外勧告されていた三保松原も資産価値が認められ喜びもひとしおである。

P1070826a(1).jpg


 「登山を通して山から霊力を得る信仰は独特」が決定のポイントとのことだが、日本人にとっては自然で素直な感覚でしょう。

富士山3


 「富士山は日本の国家的象徴で、その影響は日本をはるかに越えている」からこそ後世にも美しい姿を残していかなければならない。

富士山4


 環境保全とは規制や負担も伴うが、自然との共生は当然であり人間だけが特別でないのは当たり前である。
 

posted by 工房藤棚 at 08:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年06月21日

キャストパズルの命 GoodなGoalを味わえるかキャスト G&G。

 
 キャストパズル発売30周年記念の第二弾であるキャスト ジー&ジー(CAST G&G)が発売になっている。2012年世界パズルコンテスト グランプリ受賞作である。

キャスト G&G1


 「ひらめき指数」は2、「論理指数」が3で、「総合難易度」は3なので緑色のパッケージでテーマ漢字は「重」である。仕上げは、キャスト ドルチェやキャスト スクエアや所謂旧マリンシリーズでお馴染みの金色と銀色のメッキであり、それは同形であるが仕掛けである小さな突起は各々2個が四隅に配置され、それぞれ90度ずれている。

キャスト G&G2


 キャストパズルには、同じアルファベットが絡み合う先輩の「キャスト エス&エス(CAST S&S)」と「キャスト エイチ&エイチ(CAST H&H)」がある。どちらも名品で、特にCAST S&Sは非常に懐の深い佳作で、奥の奥まで入れるという楽しみも知る人ぞ知るであり、これによってCastPuzzleの魅力に目覚めた人も数知れずであろう。だから、期待は高まるのである。

キャスト ジー&ジー1


 箱裏のメッセージに「ひとつひとつが重厚でまさにG(重力)を感じる非常に堅牢な2つのピース」とあるが、流石に大袈裟だろうしGに対するコジツケであり、金属独特の温度と質感や安心感、存在感はCastPuzzle共通の特徴である。

キャスト ジー&ジー2


 このCAST G&Gは、それほど精度は必要ないだろうがキャスト マーブルやキャスト エクアで実現している精密な造り込みや、多種多彩な仕上げによる表情の豊かさは特筆すべきものであり、これが実質千円以下で購入できることは素晴らしいことである。
 その上、地方にいても販売店によっては送料無料で発売日当日に入手できることは本当に有り難いサービスであり、これ以上を望むことは贅沢を通り越して別の価値観となる。

CAST G&G


 それよりなにより肝心なのは、キャスト G&Gがキャストパズルの命であるGoodなGoalを迎えることができるかだ。それは、「人それぞれ」としか言いようがなく、間違いないのは総合難易度3は絶妙であり、個人的には「(ひらめき指数2+論理指数3)/2」の2.5がしっくりする。
 仲間は強いて言えば、同じく2ピースからなるキャスト デビル、キャスト エルクやキャスト コイルで、わずか似た匂いがするが紛れは明らかに異質であり、誰でも粘れば無事Goalに辿り着けるだろう。そうしてパズル故の摩訶不思議を知る。

CastPuzzle


 最近のキャストパズルは比較的難易度の低い作品が多い。けれども次回作とされているキャスト シリンダーは、詳しくは明らかにされていないが、何故か本筋で本命の予感がするし雰囲気もある。この夏の発売予定とされているそうだから乞ご期待。
 

posted by 工房藤棚 at 22:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | HUZZLE・CastPuzzle

2013年06月02日

Cast Coil Second Goal 〜もうひとつの組み方〜。

 
 キャストパズル コイルは元々2つの組み方が出来るパズルとして開発されたもので、どちらも完成時には磁石でホールドされるようになっていたということである。

Cast Coil


 Cast化するにあたり磁石が省かれたことによりSecondGoalはきちんとホールドされないこともあり正式なGoalとはされていない。

キャスト コイル


 その磁石が省かれた代わりに、小さな突起と溝により固定されている。だが、その兼ね合いが微妙で最初の一歩が最難関だったとなる危険も秘めていて、精度と感性の絶妙なバランスが必要となる。また、遊び慣れると摩耗と慣れにより適度な手応え感が失われる可能性もあり中々簡単ではない。

キャストパズル コイル


 また、作者のEdi Nagata氏がオーナーのパズラボで購入すると添付されていた「Cast Coil Second Goal〜もうひとつの組み方〜」の第二のゴールも、磁石がないから固定できない中途半端な形であるので、達成しても「めでたさも中ぐらいなり別の解」である。

CastPuzzle


 キャスト コイルも発売されて随分時間が経ったが、別解が話題になることは少なかった。しかし作者の意図が両方のゴールを楽しんで欲しいのはメッセージでも明らかであるし、それが知る人は知るだけの存在では勿体ないので、パズラボWebShopがリニューアルOpenしたことを祝して紹介した。
 

posted by 工房藤棚 at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | HUZZLE・CastPuzzle
                                       .
Logo