2013年12月30日

寒い日には檜材で立体ペントミノを手作り。

 
 CastPuzzleの定価は税抜きなら980円である。それがAmazon.co.jpでは新発売直後でなければ600〜700円前後で購入できる。その値段でも売っているのだから、それはそれで良いのだけれども、個人的にはその倍も3倍もの値打ちがあると思う。ひとえに、そのアイデアと独自性と継続する姿勢に価値を見出すからである。

1

 もしキャストパズルが金属製でなかったら、それはCastPuzzleではない。そして、そのパズルのなかには金属で作らなくても成り立つものは多数あるだろうが、それでは魅力半減では済まないだろう。

2

 キャスト エニグマ(ENIGMA)は唯一無二であるし、キャスト ラディックス(RADIX)やキャスト マーブル(MARBLE)は金属が持つ重量感が必要であり、キャスト カルテット(QUARTET)やキャスト チェーン(CHAIN)の存在感は金属ゆえの頑丈さに依るところも大であろう。

3

 昔からある平面のペントミノはプラスチック製であり、木製のペントミノも種類は多くないがあるにはある。当然値段は樹脂製より高くなるが驚く程ではない。だから、樹脂製よりも木で作ったものを欲しくなるし思い入れも強くなる。

4

 けれども、立体ペントミノはなかなかない。材料を問わず殆どない。それは一言で云うと「欲しい人が少ない」のだろうが、ペントミノの尽きない魅力を考えると勿体ない気がする。端から見たら積み木なので、いい年した大人がやることかと誤解を生むのかもしれないけれども誰でも簡単に取り組めるシンプルで貴重なパズルなのである。

5

 気に入ったものがないのなら自分で作ろうと考え、早速実行した。正方形一辺の大きさは25mm、材料は檜材、極力繋がないようにし、木口での接着は避けた。材料費は千円以下であり、作業自体は簡単であるのだがサンドペーパー掛けに時間を費やした。

6.JPG

 出来上がりは、ほぼ満足できるものである。立体ペントミノであるから、遊び方は自由自在である。平面なら3*20、4*15、5*12、6*10で、立体では3*10*2、4*5*3、5*6*2の組み方で楽しめる。そして、その解も意外にも膨大であり、立体はそれぞれ12、3,940、264通りもあるのだけれども、それは手強い。

7

 左右・前後・上下の世界は新しい感性が必要で、たとえ解が四千近くあろうともそんなことは関係ないと嘆くことになる。平面ペントミノも見た目ほど簡単でないことは知られているが、立体のそれは次元を超えたもので柔軟な発想と飽くことなく挑戦する気力が必要である。その一筋縄でない加減は、子供の知育よりも年寄りの老化防止に効果的ではないだろうか。

8

 寒い日は、黙々と木製立体ペントミノ作りに励み、より多くの人にその魅力を伝えたいと考えたが需要はあるだろうか。
  

posted by 工房藤棚 at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | パズル
                                       .
Logo