2015年02月25日

 13歳の少年が「殺されるかもしれない」と恐れ、その恐れが現実となる凄惨あるいは不気味。

 
 17や18が集団で人を殺すにはどんな理由が駆り立てたというのか。やはり少年法は間違っている。勢いであろうが用意周到であろうが未成年だからと必然の罪を免れることを前提にしなめ切っている鬼畜は断じて許されない。

石段
 何処に落とし穴があったのか知らないが川崎というところは恐いところだ。川崎が恐ければ横浜も湘南も島根から見たら同じだ。

睨
 被害者の少年の個人情報はこれでもかとに晒け出され加害者の少年らの詳細は腫れ物に触るより臆病な不条理。ゆえに目には目歯には歯しかない。

光
 緩く甘くけじめなく何でもありの理不尽と無念。されど1977年のダッカ事件で福田総理大臣は「一人の生命は地球より重い」と超法規的措置を決断し世間も許したが2015年安倍総理大臣は自称「イスラム国」人質事件で安易な妥協や取引は拒否し世論も受け入れた。

合掌
 13歳の恐怖と慟哭と悲嘆と絶望と苦痛と永遠の怨念は虚し過ぎる。
 

posted by 工房藤棚 at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
                                       .
Logo