2015年12月27日

「ちょっと今から仕事やめてくる」@北川恵海のレビューをレビューする。

 
 〜第21回〜電撃小説大賞 メディアワークス文庫賞 受賞作である「ちょっと今から仕事やめてくる」が面白い。

1
 帯より「働く人ならみんな共感!最後は”スカッとできて、”泣けます。すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー」。

毘沙門天妙法寺12
 その方面に疎いから言えるのだろうが、可能性を充分秘めているだろうし、ライトノベルは狙っているのである。

毘沙門天妙法寺13
 Amazonのレビューのシステムを確立し価値あるものとした人は異才であり偉才である。ほぼ、レビューの数が多いものに外れはないし、商品によるが一桁では微妙だが、二桁で☆が多いものは大概間違いがない。

毘沙門天妙法寺14
 で、レビューは小学生の感想文でもいいのか。いいのである。大の大人が、思惑のある素人が、純粋な玄人が、暇を持て余したヒトが、書き散らす。そうして、あの「キャストパズル プレミアム」に星五つである。だから、価値があるのである。

毘沙門天妙法寺15
 私は、「ちょっと今から仕事やめてくる」は、優しい物語だと思ったし、その軽いスタイルに惹かれた。やわらかなものとか、すなおなもの、なめらかなものや、うつくしいもの、おだやかなものや、おちついたもの。それは、かけがえのないものであり、けっして攻撃はしない。
 

posted by 工房藤棚 at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
                                       .
Logo