2016年03月02日

足りないのは言葉ではなく芯と誠意と想像力。

 
 ネットの「河北新報」で、当時の野田佳彦首相が2011年12月16日に東京電力福島第一原発事故に関し「原子炉は冷温停止状態に達し、事故そのものが収束に至った」と表明したことを話題にしている。

梅
 前の最高権力者は、本物の偽物であることを晒し、救いのない昼行灯であることが露見し、民主党への信頼を根本から消失させ、松下政経塾の病理を世に知らしめた痛恨事の言い訳をしている。

椿
 「『収束』という言葉を『全て解決』と受け取ってしまう人が出た。言葉足らずだった」。この軽さを世間は馬鹿者と呼ぶ。言葉が足りないのではない。それは倫理と誠意と見識と、脳味噌と責任感と想像力と人間力と。

桜
 まだ政治屋をやっている精神の弛緩と麻痺がこの人とこの党の持ち味なんだろう。
 

posted by 工房藤棚 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
                                       .
Logo