2015年12月26日

品性の卑しさは死ぬまで抜けない。

 
 元宮崎県知事で前衆院議員の東国原英夫氏が、女優喜多島舞の過去の交遊を暴露し、喜多島の主張に嘘があると指摘したそうである。

苔むす
 彼女から言わせたら「大きなお世話」とはこのことで、そのまんまももう58歳だ。

落ち葉
 年をとると、自動的に利口になったり品行方正になるわけでないのは自分を見れば充分理解できるが、氏の卑しさは痛すぎる。

華
 元々全く面白くない芸人のなれの果ては、途中栄光を挟んだだけに余計悲惨であり、今、宮崎県人は何思うのだろう。
 

posted by 工房藤棚 at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170663309

この記事へのトラックバック
                                       .
Logo