2016年11月05日

 徒労。

 
 上司 小池 「あなたの今の仕事の意義を説明して下さる」。
 部下 大沼 「ウンヌン、カンヌン」。
 上司 小池 「それ、やらなくて良くない。むしろ、やらないほうがよくない」。

薔薇
 部下 大沼氏が生涯に納める都民・区民税額は、豊洲新市場の地下水管理システムのポンプ電気代1ヶ月にも及ばなかった。

黒薔薇
 パソコンを盾に或は目隠しにして仕事を見つけることが仕事の彼にとって、地下水揚水ポンプの途切れることのない仕事は羨ましかった。永久(とわ)に回り廻るは時代とポンプ。人の世は無駄と無常と知っているし、「都民ファースト」の巻き添えなんかなりたくない。だからか前の上司が妙に懐かしい。

黒薔薇
 そうして、彼は自分の辞書から「徒労」という言葉は黒塗りにした。
 

posted by 工房藤棚 at 19:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177556390

この記事へのトラックバック
                                       .
Logo