2017年05月28日

源氏か源兵衛さんか、将棋駒三作目は源兵衛清安。

 
 将棋駒作成三作目の書体は、源兵衛清安とした。

P1020685(1).JPG


 これは上と下の文字のバランスがよく、駒字として駒形への収まり具合が最もいい書体とされているらしい。

P1020691(1).JPG

 確かに変な癖はなく、敢えていえば銀将の銀が妙に迫力がないことぐらいだろうか。そして、どの書体も自分で作ると愛着が湧いてくるから不思議である。

P1020692(1).JPG

 駒作りも3作目ともなると、何の根拠もない自信が生まれ、かなり調子が上がっていたが某掲示板の意見で意気消沈した。

P1020695(1).JPG

 それは盛り上げ駒を始めた人へのアドバイスで「100枚もりあげればかなりのものになります。なんで練習三組、本番一組あれば宜しいかと。彫りは、見せられるようになるまでざっくり1000枚くらい彫ってどうかというところですがね」。

P1020750a(1).JPG

 1000枚といえば、1000/40は25組で、月一のペースでさえ2年が必要な計算となる。素直に信じたわけではないが、そんな冷静な目で自作を観ると途端に稚拙さが目立ってしまい、浮ついていた気持ちは醒めた。

P1020752a(1).JPG

 けれども作らなければ上達はしない。地道な一枚一彫りの継続が力になることだけは知っているし信じている。
 

posted by 工房藤棚 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋駒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179882649

この記事へのトラックバック
                                       .
Logo