2017年06月09日

 TOSHIBAの終焉。

 
 TOSHIBAの終焉が近い。色々と感慨深いが、知る人は知るで、当然であり必然であろう。

蘭

 TOSHIBAに良い印象は一切無い。現在では撤退したが、個人的に関わりが深かった業界での製品は笑うしかないほど酷く、よくもまあTOSHIBAと名乗るものだと呆れていた。自分が知るノートパソコンはかっての有名ブランドとはほど遠い品質であり、今後はないだろうなと落日の悲哀に思うところがあった。病理は10年も20年も前から抱えていたのだろう。

蘭

 日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」での事故を見てご覧。切なくなる程の荒涼。想像を絶する「想定外」。それは直接TOSHIBAとは関係ないが、何故か危うい事故があると連想する。

蘭

 今後、原子力関連を含めてTOSHIBAに期待するのは無茶だろう。実はそれをTOSHIBAが一番承知しているような気がする。
 

posted by 工房藤棚 at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179997837

この記事へのトラックバック
                                       .
Logo