2008年09月01日

 無念。

 アフガニスタンで拉致・殺害された、NGO「ペシャワール会」の伊藤和也さんの「お別れ会」が、今日営まれた。その理念と実績は、我が県の誇りであり、日本の誇りである。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 その無念を思うと、悼む言葉を知らない。しかし、テロリストの論理とは、現代の日本人には理解を超えたものである。赤貧の国の食料も満足に行き渡らない現実のなかで、少しでも何かできないかと農業支援を行っている他国の若者を、問答無用と殺してしまう。

 アフガニスタンで人が一人亡くなることが、どう受け止めているのかは知らない。善意であろうと、悪意であろうと、自分たちの気に入らないものは排除することが、その地では当たり前の行動なのかも分からない。
 そこには、全くの無差別殺人ではないのだから、彼らなりの倫理があるのだろう。結果的に、現体制に協力するものは敵なのだろう。しかし、これをやっていては、民衆は救われないし、今後、民間支援活動はどうすればよいのだろか。

 ここで撤収したら、テロリストの思う壺である。しかし、民間人の善意だけを頼りに、安全が守られる保証が全くない現地で、無償の奉仕を望むのは無理がある。

 不毛の地で、不毛の論理が蔓延り、不毛の戦いを戦う。飢えで亡くなる人々の、小さな願いさえ叶わない哀しい現実が世界には確実にあるのだが、残念ながら、その明快な解決策は示されていない。

posted by 工房藤棚 at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18680715

この記事へのトラックバック
                                       .
Logo