2011年01月29日

ものは言いよう。

 
 今朝の静岡新聞の小さな記事が気になった。突っ込み所満載の、ふざけた事件の報道である。

狐


 『静岡市教委は28日、学校内で保管していた新品の授業用ノートパソコン38台を無断で校外に持ち出したとして、同市駿河区の市立中学校の40代の男性教諭を減給10分の1、6カ月の懲戒処分にしたと発表した。』

 一体、この先生は38台ものノートパソコンをどうしたかったのだろうか。3台ではないですよ、38台。

 『市によると、男性教諭は昨年9月4日から11月21日まで、7回にわたり、パソコン教室のロッカーから自らが管理責任を負っていたパソコンを運び出した。市教委の備品であることを示すプレートをはがし、知人宅に置いていたという。』

 こんな奴に管理責任を負わせているのだ。「泥棒せぬは氏神ばかり」か。それより、この人、生徒に合わせる顔あるのだろうか。

 『市教委の調べに対し、教諭は「以前の職場で教員などが勝手にパソコンを使って紛失したことがあり、安全に保管したかった」と説明。』

 人を教育する現場のモラルの高さが窺える説明である。

 『プレートをはがした理由は「知人に勤務先を知られたくなかった」と話したという。』

 勤務先を知られたくない知人とは、どんな関係なんだろうか。

 『パソコンは昨年3月に購入したが、インターネットの通信環境を整える追加の設備工事が必要になったため未使用だった。』

 自分の銭でないからと、使用しないパソコンを何十台も購入したということである。わざわざデジタル製品をロッカー内で熟成する感性に敬意を表したい。そして、こうして税金は消えていくのである。

 『市は本人や周辺への調査の結果「窃盗や横領には当たらない」と判断し、刑事告発しない方針。』

 これを刑事告発しない緩さが、公務員の公務員たる所以である。だったら、この行為を言い表す日本語を教えて欲しい。

富士山


 何故こんな事が起こるのかは、制度にも問題があるのだろう。年度末になると「予算が余ったから、いらないものでも買う」と言う。しかし、それは無駄遣いが許されるものではなく、元は借金と貴重な税金である。だから、明日にも襲うかもしれないと言われている東海地震罹災の復興に備えて蓄えることができるように制度を変えて下さい。
 

posted by 工房藤棚 at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43029281

この記事へのトラックバック
                                       .
Logo