2013年01月01日

あけまして おめでとう ございます。

 
 新しい年が始まりました。明けまして おめでとう  ございます。
 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致します。
 本年もよろしくお願い申し上げます。

富士山


 震災からの復興、原発事故の終焉、経済の再生、社会保障の改革など難問を抱え、明るい出口の見えにくい今の日本、本年こそ良い年になることを期待します。

石畳1


 心弾むようなことが少なくなった気がする。それは個人だけではなく社会全体としても言える。国は毎年収入だけでは半年も維持できないような予算を組んで平気で悪びれることもない。その上また景気回復のためと従来通りの公共事業費の大幅増を企み、選挙対策で法律で定めた高齢者の医療費負担増を延期しようとしている。一体私たちを何処へ連れて行こうとしているのか。

石畳2


 常識で考えても、このままで良いわけがない。しかし、明確な処方箋はない。自民党政治はコリゴリだと民主党に任せたら、あの有様である。大の大人が真面目腐った顔で取り組んだ結果であり洒落にもならない。
 政治は二流でも官僚は一流だと言われたのも幻想だった。国の借金1000兆円は誰のためか。国民のためと言い訳するのだろうが、政治家は勿論行政屋の責任は重い。自分たちの天下りのための行政と揶揄されても、そんな小さい問題かと笑っていたが、結局一事が万事で堤も蟻の穴から崩れることを知るだろう。
 SHARPは傾き、Panasonicは2年連続超大型赤字である。毎年毎年優秀と呼ばれる学生を集め、30万人以上が汗水を流して儲けようと励んだ結果が七千億円超の赤字とは尋常ではない。計算では毎日毎日二十億円の赤字を吐き出す悲惨を誰が予想しただろう。
 何が間違っていたのか。挽回する為には何が必要か。真摯に反省し、悩み、考え、工夫し、閃き、必ず反転攻勢の切っ掛けの年となることを切に望んでやまない。

海光る


 新年の話題では、HANAYAMAのオフィシャルサイトのtwitterで、新作キャストパズルの画像を正月中旬には公開できる予定とつぶやいている。写真を発表するということは発売も遠い日でなくて予想を超える順調なペースは喜ばしく、本年の吉兆を示しているようでめでたいのである。
 

posted by 工房藤棚 at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61141027

この記事へのトラックバック
                                       .
Logo