2008年08月23日

それは衣です。

 手書きの漢字で、本人は全く意識していないが、間違っている時は本当に困る。それを指摘するのが、必ずしも親切とはならない状況はいくらでもあるからである。
 活字の場合は、誤字脱字が問題となるが、手書きの間違いは、そもそも、そんな漢字はありません!となってしまう。

 例えば「薔薇」という漢字を書いて下さいと言われたら、「書けません」で問題ない。それなら「檸檬」はと問われたら、大体雰囲気は分かるだろうが、正確に書けなくても別にどうってことは無い。やはり「憂鬱」は無理ですよねに、「当然です」でもかまわない。

 しかし、当人も吃驚の間違いがある。昨日のテレビでも、ある著名人がフリップに書いた「初心」の「初」が、示偏(しめすへん)に刀となっていた。生憎それは衣です。

            初
  
 いくら、手書きのフリップといえど、事前にチェックしているだろから、スタッフを含め少し恥かしい。また、気を付けて見ていると、プロが書いた看板にも点が足りなくて、てんでなってないものがある。
 漢字検定では当然×。そして、漢字検定では、とめ、はね、はらいの判定は、かなり厳密なのである。

 その他の衣偏(ころもへん)では「補う」の「補」や、「被る」の「被」。また、「複」「襟」「裸」や「袖」「裾」もある。すべて、衣裳からの発想である。ただし、「初」の部首は「刀」となるから、ややこしい。

 また、示偏は、「祝」「祈」「福」「礼」など「神」に由来する漢字が殆どであり、衣偏と示偏は成り立ちが全く違い、たまたま似ているだけであり、そのイメージの違いを覚えたら、間違いは防げる。
 
 だが、大人になると、間違いを指摘してくれる人が少なくなるので余計に厄介である。ある時に、仕事の上のことなので注意したら、本人は動揺を隠せない程に驚いた。衣偏自体を知らなかったからである。しかし、一言「漢字だから、感じでいいや」。

posted by 工房藤棚 at 21:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漢字検定

2008年08月02日

一級は超一級だ。

 漢字検定のホームページも持っている。
ホームページタイトル「漢字検定 完全征服への道」と云う。
タイトルは大仰しいのである。しかし、お陰さまで、まだ
「漢字検定」の検索でも、それなりの処にはいる。

 で、現在は一級に挑戦中。しかしながら、難しい。本当の話、
半端では無いのである。

 大人が挑戦する漢字検定の常道として2級から挑戦。
大人でも、全く事前に学習しなくて合格できるかは、かなり
微妙である。余裕である人も多いと思うが、ハードルが高い人も
少なくはない。それでも2級は1回で無事合格。

 漢字検定の場合、次は「準一級」である。2級の次が、
一級ではない。別に2級の次に一級を受験しても当然いいのだが。
そして、その準一級がかなり難しいのである。漢字検定では、
2級までとそれ以上では、そこには険しい関所があると
呼ばれている?。

 準一級は2回目の受験でクリア。1回目は無惨にも撃沈。余り
学習はできなかったが、不合格は不合格。実は「漢字検定」は
大人にとっても、十分手強い検定なのである。準一級には殆ど
いないと考えられるが、一級受験者のかなりの割合がリピーター
なのである。

 リピーターって何者?。それは一級を合格しても、漢字検定
一級を受験し続ける漢字マニアなのである。普通の人から観たら
どんなジャンルでも、マニアにはなかなか勝てない。

 漢字検定一級の合格率が大体10%程度。しかし、その
リピーターを除くと悲惨な数字が待っていると聞く。それくらい
一級は簡単ではないのである。
 
 そこで、ならば挑戦しようと考えるか、それは勘弁して下さいの
判断は「貴方の自由だ!」。

 しかし、絶対に届かないわけではないが、簡単には届かない
ものに挑戦し続ける者は、簡単に諦めた人よりは、輝きを
失いにくいと信じたい。

posted by 工房藤棚 at 13:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 漢字検定
                                       .
Logo