2016年10月09日

鬼のように難しいAmazing CubesのパズルCarni Chaak。

 
 この鬼の難しさは、キャストパズルでいえば当然難易度6であり、それには誰も異論は挟めないだろう。
 もし、このパズルを1974年より前に発明して、その構造と意匠の権利を独占できたならば今は億万長者となっているだろう。

Amazing Cubes
 Amazing CubesのCarni Chaakは3*3*3のキューブタイプのパズルである。大きさは普通のルービックキューブより一回り小さい。キューブとしてみたら、かなり変則的な形であるが動きや操作性は特に問題ない。
 パズル専門店triboxにて購入したのだが、最後の一つだったので現在は品切れ中となっているけれども評判がよければまた入荷するだろう。

Carni Chaak
 飛び出した白縁の目が特徴で、緑色の鬼は個性的でありルービックキューブと同じ仕掛けにはなかなか見えない。けれども、お馴染みのキューブを遙かに凌ぐ強者で、ルービックキューブの六面をかろうじて揃えることができるレベルでは、悲惨な結果となる可能性は高いが挑戦する価値は十分にある。

鬼キューブ
 当然、一面なら揃えることができる程度では前面の顔だけは可能でも、角も耳もお手上げで、もがけばもがくほど底無し沼に引きずり込まれ、思いがけずに崩れる面を鬼に笑われるしかない。

3*3*3 鬼
 ならば、スピードキュービングの上級者なら簡単かと問われれば、それでも苦労するしかないだろう。何故なら揃えるキューブを捜すこと自体が難しいのだから。その上に、実物は写真より黒色の模様が分かりにくく、それを参考にするのはかなり困難である。

Carni Chaak
 センターキューブは、位置が固定されているから問題はないと思うだろうが、そこに罠がある。上下左右を区別しなければならないのである。それは色のみのキューブにはない厄介さである。

キューブ
 鬼の目はキューブの真ん中にあるのだが、元の状態に揃えないと他のキューブと面が綺麗に繋がらない。当然他のセンターキューブも、しっくりするのは初期の状態だけである。隣り同士が変に段差があるのは合っていないからで、どちらが違うかがまた難題となる。

鬼キューブ
 どんなキューブやパズルでも自分ができる方法で揃えるしかない。LBL法の「F2L」も簡単ではない。顔以外は、そもそもどれをどこに納めるのか、それが一番の問題である。

Amazing Cubes
 「OLL」も「PLL」も、初めの頃は何がなんだかの状態である。特に、二つあるほぼ同型のエッジキューブの違いや向きと後頭部にある三角形のコーナーキューブの向きの正解は神のみぞ知るである。
 更に、コーナーキューブとエッジキューブの組み合わせやセンターキューブとの収まり具合は、絶対的なものがないので試行錯誤して探すしかないのが大変で、その組合わせは膨大であり厳しく辛い。

3*3*3 鬼キューブ
 ようやく完成したキューブの鬼は、なめらかに揃った面であり不自然なところはほとんどない。
 現実問題として手にいれたら崩す前にじっくりと観察して覚悟を決めて始めることをお勧めしたい。その上に自信がなかったらカメラを持ち出すのも一つの手であろう。

CastPuzzle倶楽部
 「渡る世間に鬼はない」というが、我が家にやってきたキューブの鬼は無事に甦り、再び睨みを効かして厄を払う役を担ってくれるだろう。
 

posted by 工房藤棚 at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2016年08月28日

風、調、偽、似非、擬き、紛い、からくり箱 漆ブラックまたはレッド。

 
 ハナヤマより、からくり箱「ダイスホワイト」、「漆ブラック」、「漆レッド」が新発売になっている。

からくり箱
 本当の漆塗りとは思ってはいなかったが「漆ブラック」を手にして色々な言葉が浮かんだ…漆風、漆調。
 悪気を込めて…偽漆、似非漆。
 普通の感想…漆擬き、漆紛い。

漆ブラック
 何故、からくり箱の開け方、閉じ方を公式サイトにおいて商品説明の下図(げず)の珍妙な日本語で晒し、外箱にまで図示するのだろう。その商品説明『職人と知恵比べしてみませんか?』が空しさを募らせる。更にその解は一例であり唯一解ではないときては予約した人の落胆度合は計り知れない。

 からくり箱の仕掛けは他のパズルとは質が違うから、必要な人だけ見られる解答図を付けるのは理解できるが、公開するのは正気の沙汰ではない。話がついているのかは知らないがオリジナルに対しても失礼である。

からくり箱 漆ブラック
 商品名も最低でも漆風、多少の見識があれば漆擬きだろう。
 旧キャストパズルの一部を廃盤にし始めた頃から目立つ迷走が続いているHANAYAMAでは一体何が起きているのだろうか。
 

posted by 工房藤棚 at 12:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | パズル

2016年08月22日

公式アプリ「倉庫番Touch」Ver2.1 独断と偏見のBEST10。

 
 スマホのゲーム「倉庫番Touch」は、1982年からの歴史を持つ超ロングセラーの本格派思考パズル「倉庫番」の公式アプリである。

倉庫番Touchスタート面
 目に負担が掛かるのでスマホは勿論パソコンでもゲームはやらないようにしてきたのだが、「倉庫番」は特別だと試したら矢張り辞められない止まらないとなってしまう。その上クリアしても最短手順への挑戦が思いのほか熱くなるのであった。

面選択
 基本は無料で遊べるのだが有料の面もあり、最新のVer2.1.0は無料の20面/セットが10セットと「英字倉庫おためし6面」で206面、有料面が7セット*20面で140面、合計346面が実装されている。

BEST4スタート
 解答は当然ないのだが、1面110円を支払えば教えてくれるけれども、有料面でも20面/セットが110円なのでかなり割高と感じる。倉庫番は気力と時間とそれなりの経験があれば必ず解ける(と思っている)ので、長年の積み重ねの土台がないとビジネスとしてはなかなか厳しいのではないだろうか。そんなことよりも普通は難敵に対して肝心の気力が続くかどうかであろう。

BEST4クリア
 空き時間を見つけてコツコツと全面を自力で攻略できたので、言い古された言葉であるが独断と偏見でベスト10を選んで紹介したい。選出基準は、1.難しかった、2.適切な大きさの面、3.美しくて洗練されているかを重んじた。

BEST3クリア
10位 「リベンジ+ #1」 No.07 境界線
   初心者が倉庫番の楽しさと面白さと深さを実感できる面。

9位 「パーフェクト+ #1」 No.18 おっとっと倉庫番
   初めの頃かなり苦労した面なので印象が強いけれどもベスト10入りには異論が多いだろう。

8位 「英字倉庫」 No.7 謎の倉庫
   最初の一手を発見できなくて、もどかしい時間が続いた。それ以降も倉庫番らしい注意が必要である。

7位 「リベンジ+ #1」 No.17 LogicRoom
   硬直した思い込みと決めつけが堂々巡りを誘う。素直さが新鮮であった。

6位 「パーフェクト+ #3」 No.17 田の字固め
   完成形を崩して難しい状態を問題にしたのだろう。これを自力で解けるとかなり自信になる。

5位 「閑話休題(辛口)」 No.20 やがて笑顔が(改6)
   一つの壁を打ち破ることが必要な難しさ。簡単ではないが諦めてはいけない。その挑戦は脳が鍛えられるのを実感できるだろう。

4位 「いっぱいいっぱい」 No.17 敵はお前だ!
   形も解も「美しければすべて良し」の見本。この解法を見つけた時の感動は忘れない。難しさを別にすればベスト倉庫番である。似た雰囲気を持つ『「パーフェクト+ #2」No.01 棺と十字架』もお薦めでかなり手強い。

3位 「パーフェクト+ #3」 No.20 ホロン構造2
   曰く言い難くジックリとくる難しさである。理不尽ともいえる無理筋には流石に解答を見なければクリアは無理かなと諦めかけたほど。しかし継続は力也である。

BEST2クリア
2位 「英字倉庫おためし6面」 No.03 ハコミンC
   「倉庫番」の生みの親である今林宏行氏も解けていないという触込みの面。考え抜いてようやく閃いた一手からの鮮やかな展開はゴールへ一直線ですこぶる快感。現在の最短手順数は135。

倉庫番Touch BEST1スタート
1位 「パーフェクト+ #3」 No.18 ビザンティン様式
   名実共ベスト1に共感する人は多いと思う。美しさと難しさと格好良さ。これをやらずして倉庫番を語るなかれ。ここに倉庫番の全てが凝縮している。

倉庫番Touch BEST1クリア
 今後も定期的な面の追加と、上のBESTを越える素晴らしい面に出会えることを期待したい。試して挫けても諦めないで、なお挑戦し続けた時間に比例する面クリアした時の達成感や爽快感は、脳を刺激している実感と経験値が上がる喜びを伴っていて、その魔力と魅力は更にパソコン版にも挑戦しそうな勢いで恐い。
 

posted by 工房藤棚 at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | パズル
                                       .
Logo