2017年06月05日

日本語でお願いします。

 
 「はずる」のウルトラマンシリーズ4作がAmazonにて予約受付となっている。

薔薇


 それは「ウルトラマン 科学特捜隊流星マーク【難易度レベル1】」、「ウルトラマン ベーターカプセル【難易度レベル3】」、「ウルトラセブン ウルトラ警備隊エンブレム【難易度レベル4】」、「ウルトラセブン ウルトラアイ【難易度レベル5】」である。

薔薇

 それらの写真を見ると、オリジナルはCastPuzzleに少し興味がある人なら大体見当がつく。仕掛には新鮮さがないのだが定価は二千円以上であり、購入対象者は限られてくるだろうから厳しさが漂ってくる。その上ウルトラアイのはずる後の写真アングルには言葉を失った。このパズルに対しての鈍感と無神経さはどこからくるのか。意識なのか感性か、意欲なのか資質か、管理なのか体制か。いずれにしろ投げ遣りで危うい。

薔薇

 キャスト シリンダーはかなりのお気に入りであり、唯一購入意欲が湧いた「ウルトラ警備隊エンブレム」は「在庫あり」となっていて、お届け日が6月6日〜8日だったので早速注文した。売主はAmazonマーケットプレイスの「トイスタジアム」である。そして、今日メール【重要・お手数ですがご確認をお願い致します】が届いた。

薔薇

 メール全文を通して奇妙な丁寧丁重さで更に単語が重複し、ここまで日本語が不自由だと不愉快さや悲しみを突き抜けて苦い笑いを笑った。名誉のために一部のみを紹介すると『大変申し訳ございませんが最短での発売予定日が2017年8月26日となり、ご注文より1ヶ月以内の発送が困難となります為、この度のご注文をキャンセルにてお願いをさせて頂ますようお願い致します』。

島田バラの丘

 今までに、…を…にてお願いをさせて頂きますようお願い致されたことが無かったので、何をどのようにすればよいのか理解し難い。それより、もういらない。
 

posted by 工房藤棚 at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | HUZZLE・CastPuzzle

2017年05月31日

 誰が為に「民情を知る」。

 
 加計学園問題で「総理のご意向」文書をリークし、5月25日に記者会見を行った前川喜平前文部科学省事務次官の、マスコミを通じて伝わった卑しさと尊大さは時代を変えていくだろう。

ぼんぼり

 静岡新聞「論壇」の屋山 太郎氏の『「官僚内閣制度」残る文科省』の『記者会見を聞いて驚いたのは、役人が決めた規制を破ったことが許せないと本気で思っているようなのだ。記者会見では在職中、新宿の援助交際を仲介する出会い系バーに通って内閣府から注意された一件について質問された。「民情を視察するためだった」という。…民情を代弁するのは政治家であって、その政治家の意見を聞いて規制を作るのが官僚だと自覚してもらいたい。…前川氏は天下りをあっせんした責任を問われて文科次官を辞任させられた。 官僚制度改革の第一歩が天下り廃止で、各省はやむなく従ったが、文科省は全く無視した』。

大洞院

 5月31日。デイリー新潮は、菅義偉官房長官のオフレコ発言として「それにしても、よくあんなことが言えるよ。彼はその出会いバーに、50回も、100回も、繰り返し行ってるんだよ。店に出入りしたのが1回ならまだ話は分かるけどさ」。

蓬莱橋

 政治家は選挙という洗礼を受ける。ゆえに『政治家は民意を代表する存在でなければならない』し自制も効く。だから、余計にあの勘違いしていて不遜で嫌な雰囲気は辛い。
 

posted by 工房藤棚 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2017年05月28日

源氏か源兵衛さんか、将棋駒三作目は源兵衛清安。

 
 将棋駒作成三作目の書体は、源兵衛清安とした。

P1020685(1).JPG


 これは上と下の文字のバランスがよく、駒字として駒形への収まり具合が最もいい書体とされているらしい。

P1020691(1).JPG

 確かに変な癖はなく、敢えていえば銀将の銀が妙に迫力がないことぐらいだろうか。そして、どの書体も自分で作ると愛着が湧いてくるから不思議である。

P1020692(1).JPG

 駒作りも3作目ともなると、何の根拠もない自信が生まれ、かなり調子が上がっていたが某掲示板の意見で意気消沈した。

P1020695(1).JPG

 それは盛り上げ駒を始めた人へのアドバイスで「100枚もりあげればかなりのものになります。なんで練習三組、本番一組あれば宜しいかと。彫りは、見せられるようになるまでざっくり1000枚くらい彫ってどうかというところですがね」。

P1020750a(1).JPG

 1000枚といえば、1000/40は25組で、月一のペースでさえ2年が必要な計算となる。素直に信じたわけではないが、そんな冷静な目で自作を観ると途端に稚拙さが目立ってしまい、浮ついていた気持ちは醒めた。

P1020752a(1).JPG

 けれども作らなければ上達はしない。地道な一枚一彫りの継続が力になることだけは知っているし信じている。
 

posted by 工房藤棚 at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋駒
                                       .
Logo