2017年12月23日

やることなすこと全て裏目。されどキャスト トリニティ。

 
 近ごろ低迷が著しい「はずる」が、またまたやらかした。恐らく、その影響は後世まで語り継がれることになる大悪手である。

キャスト トリニティ

 新作キャスト トリニティ(CAST TRINITY)の販売手法があざとい。そのキーワードは「定価販売」である。新作については色々なサイトが予約を受付けていたが、唯一17年12月発売予定の販売店で10月下旬に予約した。ところが公式Twitterで12月15日に「明日12月16日から、Amazonさんで先行販売!」ときた。その上、その理由の説明は一切なし。

 当然12月16日からはAmazonでは通常に販売されている。2〜3日は予約販売店からの発送のメールを待っていたが残念ながら音沙汰はない。仕方がないので確認のメールを送ったが、返ってきたのは素っ気なく不愉快さが漂う「一部サイトでは先行販売を行っているようです。何卒よろしくお願いいたします」。本意ではないがキャンセルさせて頂いた。

 問題はここから。Amazonでの現在の販売価格は定価の1,382円である。ちなみに「はずる」の前作のキャスト ドットは33%OFFの923円である。同じ難易度6のキャスト インフィニティでも842円で買うことができる。尋常な販売方法でないことはご理解頂けると思う。多分他の販売店も売り始めたら値段を下げるだろう。公式Twitterでは「来年1月発売」とされているから、仮に1月下旬販売ならあと一ヶ月もある。酷い話である。

 「はずる」発売元HANAYAMAの公式ホームページによると、キャスト トリニティの販売日は2017年12月になっているから会社ぐるみであろう。よくもまあ、こんなにも不公正で不平等で不明朗で薄汚い商売をするものだ。

 前からHANAYAMAは変なところがある会社ではあったが、この4、5年前からの迷走は厳しい。今回の件も、あらかじめAmazonにて先行販売することをアナウンスしていれば、まだ救いがあっただろう。けれどもAmazon以外でも予約を受け付けている。たかだか千円程度の商品で予約を受け付けたのはいいが、苦情を言われたりキャンセルされたり、その上に悪印象を持たれたりでは踏んだり蹴ったりである。こんな仕打ちを受けて今後も喜んで「はずる」を販売してくれると考えているなら阿呆そのものである。まして独占の弊害を知らぬなら救いはない。

 本当に、やることなすこと全て裏目で悪手の連続であり理解の範疇を超えている。将棋では、悪手を2回続けたらまず勝てないと言われるが、このままでは先はない。情けない出来ごとはざっと思いつくまま記してもいくらでもある。

 1.最大の痛恨事はCastPuzzleのブランドを捨てたこと。
 2.一番の罪は数多い名品力作キャストパズルの廃盤。
 3.感性が世間と大きく乖離している(チェス)プレミアムシリーズ。
 4.恥知らずの鈍感はウルトラ(マン・セブン)シリーズの二番煎じ。
 5.最近で苦笑したのはキャスト インフィニティでの解法手順数誇張。
 6.賛否はあるかもしれないがメールによる解答図の配布の見識の浅さ。
 7.「日本はずる協会」の存在。一私企業の任意団体に「日本○○協会」と名付ける大仰さと鈍感と違和感。相撲道も真っ青だろう。

 嗚呼どこまで続く泥濘ぞ。

CAST TRINITY

 されど、キャスト トリニティ。確かに難しい。けれども、もう燃えないし夢中にはなれない。キャスト ラディックスに出会った時の情熱とは雲泥である。CastPuzzleのファンだったのはイメージを含めてのことだったのかと痛感する年の瀬の冬らしく厳しい寒さである。

飛鳥寺

 さらば昴よ、さらば破狡よ。


posted by 工房藤棚 at 20:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | HUZZLE・CastPuzzle

2017年12月01日

寛容の心。

 
 許し受けいれること。慈悲の情。

興福寺

 人は善かれ悪しかれ学び丸くなる。

長谷寺

 私のみが正しくあり義であるという心に咲く花は貴いか。

法隆寺

 幼く狭く遊びはなく余裕もない闇の底は知れず苦さに凍える。

室生寺

 自分以外は全て敵の最後の敵は自分である。
 

posted by 工房藤棚 at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月05日

苦行は杞憂 7*7*7キューブのカレンダー。

 
 10月はオリジナルのステッカーの月を変更するだけだったが、意外と苦労しそうな予感がした7x7x7カレンダーキューブ。11月を迎えたので早速組み替えに挑戦した。

7x7x7カレンダーキューブ

 結果は余裕であった。普通の3x3x3キューブの一面を揃えることができる人は、程度の差はあっても心配は無用である。探す数が多いので、やはり時間は必要であるが基本は同じだから当然と言えば当然か。収める位置関係に苦労するかと思ったがその感覚も直ぐに慣れることが出来た。

7x7x7

 それよりも、探す数字が本当にあるのかの方が気掛かりだった。平日は黒色、土曜日が青色、日曜日は赤色である。けれども、それも当たり前だが杞憂であった。7X7X6=294個の数字の余裕は何個あるのだろうか。6と9を共用しているほどだから絶妙で究極の配置なんだろう。

ゼットキューブ

 それ以上に心配していたのはシール貼りの出来映えである。10月は最上段を変更しただけだったので粗(あら)は隠せたが、スクランブルした時にどの程度で納まるか自信がなかったが、それも思ったより酷くなく気にしなければ十分実用になるレベルだろう。

ペンローズ

 3x3x3の「Calendar Cube English」は、もう大分経つが毎日変更している。7x7x7の「Calendar」も多分毎月組み直してお気に入りのアイテムとして愛用していくだろう。何故なら言葉にするには難しく曰く言い難い何かを失わないようにするために。

Z-CUBE Penrose 3x3x3

 一緒に写っているキューブは「Z-CUBE Penrose 3x3x3」で、2面がつながった3色のキューブ。お洒落で軽い感覚が新しい。
 

posted by 工房藤棚 at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | パズル
                                       .
Logo